オンラインでのESTA申請 – よくある質問(FAQ)

 

ESTA申請を完了するためにどんな情報が必要ですか?

ESTA申請を行う前に以下の情報が必要です。

  • 氏名と生年月日;
  • パスポート情報(番号、発行した国、無効になる日付);
  • 申請時の米国での滞在先住所;
  • 伝染病にかかったことがある場合その情報;
  • 逮捕歴や犯罪歴がある場合その情報;
  • 国外追放やビザの取り消しが過去にある場合その情報;

ビザ免除プログラムで米国に渡航する許可を得るのはどうしたらよいですか?

ESTAの申請書の記載を行う

ESTAのウェブサイトにログインし、申請書に必須情報を記載します。上述の質問に加え現在の旅行の情報、クレジットカード情報、そして7つのセキュリティの質問に答えます。ビザを持っていない全員が申請を行う必要があります。

ESTA申請を提出

提出前に各項目のレビューやチェックを行うことができます。間違えがないようすべての項目をダブルチェックしましょう。

ESTA 申請費用の支払い

処理手数料 $4.00 USD (2009年旅行促進法に従い)を請求させて頂きます。さらに申請が承認された場合に追加料金として $10.00 USD承ります。

状態の確認

ほとんどのケースでESTAの申請結果はすぐに分かります。(1分またはそれ以下)しかしながら時に申請の処理に時間が必要なことがあります。その場合にも72時間以内にESTAのウェブサイトから状態を確認できます。

以下の結果のいずれかを受け取ります

  • Authorization Approved. おめでとうございます!ビザ免除プログラムのもとお客様のESTAの承認がされましたのでシステムは承認を印刷したものとクレジットカードのレシートを発行します。しかしながらESTAは米国入国を保証するものではありません。税関や入国の際にお客様が米国の法に基づき入国可能かの審査がされることになります。
  • Travel Not Authorized. 残念ながらビザ免除プログラムのESTAの承認がされませんでした。しかしながら米国入国自体を却下するものではありません。弊社からクレジットカードに請求される手数料の明細書をご確認頂いたあとに最寄の米国大使館等で入国に関しての相談をされることをお勧めいたします。
  • Authorization Pending. 状態が”保留”の場合には今すぐに決定することができず、さらなるレビューが必要となります。72時間以内には結果がでるかと思います(”保留”は必ずしも”却下”を意味するものではありません。)

空港にESTAを印刷したものを持参する必要はありますか?

DHSが申請の電子記録を保持しているため-印刷したESTAを持参するのは義務つけられていません。しかしながら印刷済みのESTAを持参することをお勧めいたします。

ESTA渡航認証を再申請する必要がありますか?

ESTAの再申請を行わなければならいケースがいくつかあります。以下の場合再申請が必要です。

  • パスポートが無効、新規のパスポートを受け取った場合
  • 何らかの理由により名前が変更した場合
  • 性別が変更した場合
  • 国籍が変更した場合
  • ESTAの質問に対し環境が変わったために”はい”、”いいえ”の回答が変更した場合
  • あなたの前のESTAの許可はパスポートの有効期限が切れているか、承認から2年が経過したため期限切れになります。

新規申請では最初の申請と同じ金額がかかります。

インターネットにアクセスすることなく、ESTAを申請することができますか?

ESTAはオンラインからのみ申請でき、インターネット環境をお持ちでない場合第三者(代理店、旅行会社、親戚や友人等)に依頼し代理で申請できます。申請にはお客様の責任が伴います。