ESTA – 渡航認証: 良くある質問 (FAQ)

 

米国の渡航認証とは何ですか?

米国は現在、ビザなしの旅行がより安全であることを確認するために、そのビザ免除プログラムの渡航認証ツールがあります。 ESTA(電子渡航認証システム)は、ビザ免除プログラム国の国民である場合数分で、オンラインで渡航認証を取得することがでいます。

誰がESTAの申請が必要ですか?

あなたはビザ免除プログラムの一環で航空または海上から米国に旅行する場合は、ESTAを通して渡航認証を申請する必要があります。 (幼児を含む)ビザを確保していないすべての年齢層の旅行者は、米国に旅行する前に承認を受ける必要があります。権限は、任意の旅行者に代わって第三者に適用することができます。

ESTAは米国入国を保証してくれますか?

残念ですが、いいえとなります。承認された渡航認証を使用すると、ビザ免除プログラムの一環として、米国に旅行する資格を得ますが、米国への入国は税関国境警備官によってあなたの到着時に評価されます。その検査に基づいてビザ免除プログラムの規定や米国の法律のもとで米国への入国を却下される可能性があります。

ESTAはビザと同じですか?

ESTAの承認はビザのプロセスを簡略化するため設計されたビザ免除プログラムであり、ESTAの承認は、米国ビザと同等ではなく旅行のためのビザが必要な状況ではビザの代わりに使用することはできません。 有効なビザをお持ちの場合には、ESTA渡航認証は必要ありません。そのビザで米国訪問することができます。

ESTAはいつまで有効ですか?

ESTAは、パスポートが無効になるまで、または申請から2年経過するまで有効となりどちらか早いほうが適用されます。しかしながらESTAの承認はすぐに無効、取り消すことができます。あなたのESTAの承認の有効期間を確認するには、アプリケーションの許可承認画面を確認してください。有効期限がそこから確認頂けます。

いつESTAの申請をしたらよいですか?

ESTAには旅行の詳細が決定していなくてもいつでも申請することができます。しかしながらDHSが出発の際確実に認証されているよう72時間前までに申請を完了するようすすめています。

どのくらい前にESTAの申請をしたらよいですか?

ESTAには旅行の前いつでも申請することができます。しかしながらDHSが72時間前までに申請を完了するようすすめています。通常申請からすぐに承認、却下の決定がなされますが、時に遅れることがあります。 旅行の詳細が決定していなくても問題ありません。ESTAには旅程の詳細や滞在先住所を詳細に記載する必要はありません。 ESTAは緊急や直前の申請を受け付けますが、米国にESTAなしで入国しないようにしてください。

旅行の詳細が決まっていなくてもESTAの申請はできますか?

はい可能です!ビザ免除プログラムのもと米国滞在するが滞在先の住所が分からない場合でも単にホテル名や滞在する場所を記載するだけで大丈夫です。あとから更新(必須ではありません)することができます。

ビザ免除プログラムの国民で米国で乗り継ぎをする場合にも渡航認証が必要ですか?

あなたはビザ免除プログラムの国民で米国で乗り継ぎをする場合には、いずれかのビザまたはESTA認証を利用します。ESTA申請欄にある”米国での滞在先住所の欄”には、”乗り継ぎ”と記載してください。